jov's world

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋汁/食の記憶

芋汁/食の記憶

秋になると,田舎では自然薯(じねんじょ,山芋のこと)が採れる.
落葉した林の木の幹に這っている蔓を辿って探すのだ.
大きい芋は優に1メートルを超える.
掘り出すのは至難の技だ.

こうして採れた自然薯をおろしがねですりおろし,これを更にすり鉢ですりながら,鰹と椎茸でとった醤油味の出汁で徐々に延ばしていくのだ.
この作業も大変だ.
2時間くらはかかる.
そして,芋汁を熱々のごはんにかけて食べるのだ.
薬味は葱と海苔.
僕の田舎では正月2日には必ずこれを食べるのが風習だ.

少年のころ,何でこんなにまずいものを食べるのか理解できなかった.
だが,今,これを食べると実に旨い.
これもおかずと同じことが言えるのだろう.

正月に帰省した.
昔どおり,母は朝早くから芋じるを作った.
刺身の残りをぶっこんで,おとその肴にして食べた.
(2007/1)

COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。