jov's world

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウス印度カレー/食の記憶

ハウス印度カレー/食の記憶
ハウス印度カレー/ハウス食品㈱ 1960年

僕が幼稚園のころや小学校の低学年のころまでは,お家のカレーライスは,オエンタル即席カレーや即席ハウスカレー.
つまり粉カレーで作るさばの缶詰のカレーライスだった.
それでも旨かった.

その後,僕が小学校の3年生くらいになってようやく肉を食べられるようになると,母は,カレーライス好きの僕のために,固形のインスタントカレーを使った豚肉のカレーを作ってくれるようになったのだ.
ハウス初の固形カレーであるハウス印度カレーだ.

現在でもその名前が残っているのは素晴らしい.
だが,パッケージも味も随分変わってしまった.
しかし,ハウスの他のカレーと比べると,印度カレーjには昔の味の面影が残っている.

ハウス印度カレー 

そうそう,これこれ.
これが少年時代の僕の記憶にあるハウス印度カレーのパッケージだ.
スプーンに載ったカレーライスを見るだけでよだれが出たものだ.
どうやらこのパッケージは二代目のようだ.

このカレーには,ミックススパイスなるものが付属していた.
クミン,カルダモンなどの香りのスパイスをミックスしたもののようだ.
これによってカレーは,格段に香り豊かなものとなる.
粉カレーに比べると,味の輪郭もよりはっきりする.
まるで違うカレーを食べている感じだった.
ああ~旨かった.

僕は,このカレーライスを食べるようになってから,ますますカレーライスの虜となった.
母にせがんではよく作ってもらった.
お家でもカレーライス.家族で外食したときの食堂でもカレーライス.ドライブインでもカレーライス.
カレーライスのない食堂では怒ってだだをこねたのだ.

だから,ハウス印度カレーは,オリエンタルカレーとともに,僕のカレーライス狂いを加速させた思い出深いカレーなのだ.
今も時々作っては食べている.
やっぱり,ポークで作るのがベストだ.
 (2006/8)

COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。