jov's world

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッポロ一番/食の記憶

サッポロ一番/食の記憶 
サッポロ一番/サンヨー食品㈱ 1966年

昭和40年代になると,本格的なインスタントラーメンが登場 するようになった.
その先陣を切ったのがサンヨー食品のサッポロ一番だ.
現在にまで続くヒット商品だ.

当時,醤油味でにんにく味のスープがとても旨かった.
独特なコクと旨みがある.
どうやらその味の秘密は,鶏ガラに加えて,生姜,にんにく,玉葱,セロリなどの香味野菜のエキスをスープにした点にあるようだ.
麺にも醤油が練り込まれているらしい.

このスープは,当時の本格的なラーメンのスープの作り方に準じた本格的なものだ.
どおりでおいしいはずだ.
今でも好きなインスタントラーメンの一つだ.
(2006/7)

スポンサーサイト

ハウスバーモントカレー/食の記憶

ハウスバーモントカレー/食の記憶
ハウスバーモントカレー/ハウス食品㈱ 1963年

ハウス食品が印度カレーに続いて出した固形カレーの第二弾.
現在まで続く大ヒット商品だ.

りんごとはちみつが溶けているというふれこみでTVのCMでも盛んに宣伝していた.
1956年(昭和40年)から始まったCMには,いしだあゆみ,ピンキーとキラーズ,西条秀樹・河合奈保子なおが出演していた.
なつかしい.

カレー少年だった僕ががこれを食べないはずはない.
何度か母に作ってもらった.
確かに甘い.かつ,フルーティーだ.
少年は素直に旨いと思った.

しかし,不思議なことにこのインスタントカレーは,お家の定番カレーにはならなかった.
少年は,やはりハウス印度カレーやオリエンタルマースカレーを食べ続けたのだ.

今から思うとここがポイントだと思う.
僕は,現在では,大の辛いもの好き.
同時に酒飲みだ.
カレーも激辛カレーが大好きだし,酒の肴も辛口が好きだ.

この嗜好は,父譲りのもの.
おそらく子供のころのお家の味が辛口嗜好だったのだろう.
だから甘いカレーライスが合わなかったのだと思う.

久しぶりにポークで作ってみた.
やはり現代風にアレンジされている.
仕方のないことだ.
(2006/12)

オリエンタルマースカレー/食の記憶

オリエンタルマースカレー/食の記憶
オリエンタルマースカレー/㈱オリエンタル 1962年

僕が一番好きだった思い出深いカレーは,やはりオリエンタルマースカレーだ.
ポイントはマースチャツネ.
マンゴなどのフルーツで作ったソースだ.
粉カレーにコクとうま味を加えるというのがウリ.

母が豚肉,たまねぎ,にんじん,じゃがいもで作ってくれた.
オリエンタル即席カレーで作るさば缶カレーライスよりも格段に旨かった.
オリエンタルカレーに親近感のあった僕は,たちどころにその旨さに魅せられたのだった.

今でも商店街の古くからのスーパーなどで売っている.
パッケージは昔のままだ.
だが,カレールーのブレンドは,昔とかなり違っている.
マイルドな昔懐かしさが消えて,現代風に旨みが増している.
残念だ.
(2008/1)

風見鶏/風の記憶

風見鶏/風の記憶
(Nikon D100・VR24-120mm F/3.5-5.6・ISO200・f11・A-AE)

函館の二十間坂の途中に元町さんろく館というみやげもの屋があった.
その屋根に風見鶏が・・・

秋の空の風の吹くままに,あっちを向いたり,こっちを向いたり.
実に気まぐれだ.

決して自分の都合のいい方向だけを向いているのではない.
自然の風に身を任せているだけだ.
自由なのだ.

そんな風見鶏を見るたびに思った.
いつも,あんなふうであれたら・・・

そう,それだけでいい.
(2003/10)

函館夜景/風の記憶

函館夜景/風の記憶
(Nikon D100・VR24-120mm F/3.5-5.6・ISO200・f9・A-AE)

函館山から渡島半島本体に続く地形が作る函館の街の夜景は,津軽海峡に浮かぶ光のページェントだ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。