jov's world

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年カレーライス/食の記憶

少年カレーライス/jovanni風 

少年カレーライス/食の記憶

僕のカレー作りの窮極目標だったカレーライスらしきものがようやくできあがった.
名付けて「少年カレーライス」だ.

ただし,現代の少年が食べるためのカレーライスではない.
僕が少年のころ,お家や,デパートの食堂や,大衆食堂で食べた昭和の昔懐かしいレトロな思い出のカレーライスだ.
僕をカレーライスの虜にしたあの時代の焙煎小麦粉の風味あふれる昔懐かしいカレーライスなのだ. 

そんなカレーを作るために,我流でインドカレー作りから始めた.
欧風カレーも作ってみた.
すべて,少年カレーライス作りの修行のためだ.

まだまだ完成の域には達していない が,現段階の結論はこれだ.
少年にとっての昔懐かしのカレーライスは,ポークカレーライス.
田舎のお家風のカレーライスなら,豚の細切れ肉,たまねぎ,じゃがいも,にんじんがごろごろと入ったカレーライス.
洋食屋さんのプロのカレーライスなら,豚ロースの旨みと野菜やフルーツの隠し味が効いた洗練されたカレーライスだ. 

現段階では,洋食の老舗「たいめいけん」(東京/日本橋)の三代目茂木浩司さんが,ダンチュー誌上で紹介されたたいめいけんのポークカレーのレシピを大いに参考にさせてもらった.

このレシピを自分流にアレンジしたポークカレーがこの少年カレーライスなのだ.
何ともいえないカレーソースの色つやは理想に近い.
小麦粉の香りといい,旨味やコクといい,上出来だ.
実に昔懐かしい.
(2006/9)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。