jov's world

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
| OLD »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島ラーメン/食の記憶

鹿児島ラーメン/松和物産㈱

鹿児島ラーメン/食の記憶

飛魚ラーメン

鹿児島ラーメン/食の記憶鹿児島ラーメン/食の記憶鹿児島ラーメン/食の記憶

薩摩みそラーメン

鹿児島ラーメン/食の記憶鹿児島ラーメン/食の記憶鹿児島ラーメン/食の記憶

知人の”麗香さん”が,鹿児島でおみやげラーメンを買ってきてくれた.
嬉しいではないか.

【飛魚ラーメン】
スープは,魚介系ベースのあっさり塩味だ.
飛魚の味かどうかは,じょばんにの鈍舌では判別できないが,魚介系の旨味がよく出ている.
コクもあって旨い.

麺は,九州ラーメンらしい細直麺.
乾麺だが,低加水気味のシコシコ麺でこれもいける.
具は,あり合わせを適当に・・・

九州の塩ラーメンらしさがよく出ている旨い魚介系塩ラーメンだ.

【薩摩みそラーメン】
昭和30年代に,札幌の”味の三平”で誕生した味噌ラーメン.
しっかりと,鹿児島まで辿り着いているようだ.
どんな味か興味深い.

スープは,動物系ベース+合わせ味噌味.
比較的あっさりとした味噌汁系だ.
やや辛味も加わっている.
それでいて,しっかりと味噌ラーメンのスープになっている.
旨い.

麺は,飛魚ラーメンと同様の細直麺.
スープと麺とのバランスは崩れていない.

どちらのラーメンも,十分に美味しいおみやげラーメンだと思う.
麗香さん,どうもごちそうさまでした.
(2013/12)

スポンサーサイト

ハーベスタ八雲/風の記憶 八雲

ハーベスタ八雲/八雲町

ハーベスタ八雲/函館

八雲町は,函館から北へ汽車で1時間ほどのところにある噴火湾に面した酪農と漁業の町だ.
丘の上には噴火湾を見下ろせる美しい牧場がある.

ハーベスタ八雲/函館

この丘の上に建つレストラン「ハーベスター・八雲」.
本格的な石窯焼きピザやハーブ鶏を使ったフライドチキンが旨い.

ハーベスタ八雲/函館

 近所のおみやげさん.
ハロウィンのかぼちゃがあった.

ハーベスタ八雲/函館

八雲町を流れるユーラップ川(遊楽部川)では,秋になると鮭が遡上するのを橋の上から見ることができる.

ちあみに,ユーラップとは,アイヌ語で「温泉が下る川」を意味する言葉のようだ.
確かにユーラップ川の上流には,おぼこ荘という町営温泉がある.
赤茶色の湯のひなびた温泉だ.
(2003/10)

つらら/風の記憶 札幌

つらら/風の記憶 札幌
(Nikon COOLPIX P300・72mm 1/250・f5.2 ISO160)

西風に煽られたのだろうか.

氷柱が横を向いて苦しそうに延びている.
自然現象とはいえ,何か,生き物のように絶えている.

なるがままにということだろうか.

それでも屈せずに,どこまでも清らかで純粋だ.
美しい.
(2011/12)

釧路漁礁 釧路駅/食の記憶

釧路漁礁 釧路駅/食の記憶釧路漁礁 釧路駅/食の記憶
釧路漁礁\1000/㈱釧祥館

最近,JR北海道の特級車内広報誌にも載った人気駅弁のようだ.
先般,釧路出張の折,釧路駅の立売りで買って汽車の中で食べてみた.

写真のとおり,酢飯の上にサーモン,カニのほぐし,イクラが載る押し寿司風の美しい駅弁だ.
素晴らしいのは,酢飯.
実にまろやかな味に仕上がっている.
これに3種の魚介が見事にマッチ.
旨いことこの上ない.

北海道らしいハイクオリティーな駅弁だ.
ボリュームもある.
(2011/11)

旭川ラーメン/食の記憶

天金 しょうゆ味/藤原製麺㈱

旭川ラーメン/食の記憶旭川ラーメン/食の記憶 

山頭火 あわせラーメン/藤原製麺㈱

旭川ラーメン/食の記憶 

チームじょばんにの新太郎さんは,僕が東京に戻っている間に旭川に転勤になっていた.
先日,札幌に用事があったらしく,ひょっこりと顔を出してくれた.
お元気そうで何よりだ.
まだ,あれから2年しか経っていないのだから,変わり様子はないのだが,何故かひどく懐かしい.

そんな新太郎さん.
もとより僕のラーメン好きはよく知っているから,旭川のおみやげラーメンを買ってきてくれた.
”天金のしょうゆ味”と”山頭火のあわせ”だ.
ありがたいことだ.

さっそく作って食べてみた.

旭川ラーメンといえば,醤油ダレと多めのラードに豚骨鶏がら系+魚介系のWスープ,低加水の中細縮麺といった形が典型的なものとされている.
蜂屋を代表とするラーメンを指しているようだ.
とはいえ,旭川には,天金のラーメンのように,魚介系をほとんど感じないラーメンもあるし,山頭火のラーメンに至っては,ほとんど創作に使い動物系+魚介系の塩味をウリにしている.
旭川でラーメンを食べた回数はそれほど多くはないが,天金も山頭火も好きなラーメン屋だ.

天金のしょうゆ味は,濃口醤油の味がきりりと効いていて旨い.
ラードがたっぷりと入っているところもそれらしい.

山頭火のあわせは,塩,醤油,味噌を合わせたスープ.
ベースの動物系白湯スープは,山頭火らしい.
低加水の麺もいける.

どちらも,それぞれのお店の特徴がよく再現されていて旨かった.
新太郎さん,ありがとうございました.
(2011/7)

U太郎シェフ/食の記憶

アスパラベーコンとアスパラのポテトサラダ/jovanni風

U太郎シェフ/食の記憶U太郎シェフ/食の記憶

今年もU太郎シェフの赤井川農場で採れた新鮮なアスパラをいただいた.

前回は,アスパラの牛肉巻き.
今回は,王道でいこう.
アスパラベーコン.
それに,ポテトサラダも作ってみよう.

軽く茹でたアスパラとベーコンをバターでソテーする.
それに,塩・コショーを少々.
それだけだ.

アスパラポテトサラダは,茹でたじゃがいもに茹でアスパラを加える.
これに魚肉ソーセージを加えるところがじょばんに風だ.

今日のウィスキーは,白州12年.
アスパラに甘味がある.
実に旨い.
洋酒にはぴったりだ.

U太郎シェフ,今年もごちです.
(2011/6)

最北たらば弁当 稚内駅/食の記憶

最北たらば弁当 稚内駅/食の記憶最北たらば弁当 稚内駅/食の記憶 
㈲稚内駅立売商会 \1200

稚内駅の新しい駅弁のようだ.

ご飯は,昆布の旨味が効いた茶飯だ.
その上に,ぎっしりとたらばの身が載っている.
たらばずくしの旨い駅弁だ.

ただし,味がやや単調.
しいたけの煮付けがトッピングされているが,最後には飽きがくる.
もう少し,辛味のあるトッピングが欲しいところだ.
(2010/10)

ふらのとんとろ丼 富良野駅/食の記憶

ふらのとんとろ丼 富良野駅/食の記憶 
ふらのとんとろ丼/旭川駅立売㈱ 

富良野の夏季限定販売の駅弁として,2002年に登場したようだ.
帯広駅にも同じような駅弁がある.

富良野・美瑛といえば,北海道有数の観光地だ.
春・夏は,花,秋は,紅葉,冬は,スキーと四季を問わず多くの観光客が訪れる.
富良野から旭川にかけての盆地状の地形は雄大だ.
東に夕張山地,西に十勝山脈に挟まれている.
広々として北海道らしい景観が楽しむことができる.

富良野・美瑛・旭川間は,富良野線で行く.
夏期にはラベンダー号という観光列車も走る.

妻が都内デパートの北海道フェアで,富良野駅とんとろ丼を買ってきた.
焼いてタレが塗ってあるとんとろに,付属の豆板醤の入ったタレと半熟たまごをかけて食べるのだ.
半熟たまごのマイルドな味がとんとろと合わさっておいしい.
豆板醤のタレのピリ辛が良いアクセントになっている.
(2006/9)

たらば寿し 釧路駅/食の記憶

たらば寿し/釧路駅
たらば寿し/釧路駅
たらば寿し/㈱釧祥館

釧路駅の人気駅弁だ.
中身の見えるパッケージは,アピール度も大きい.
1350円と高価だが,内容が充実している.
酢飯の上に,錦糸玉子,たらばのほぐし,サーモン,いくら,それにたらばの脚肉3本がど~んと載っている.  

ただ,味については,主役のたらばが少々水っぽく,甘みも弱い.
サーモンもこれといった味付けがないだけに,酢飯のすっぱっさだけが浮いてしまっている.
朝に食べた石狩鮭めし(札幌駅)がよくできた旨い駅弁だけに,さすがのたらばも霞んでしまったのかもしれない.
(2008/2)

かきめし 厚岸駅/食の記憶

かきめし 厚岸駅/食の記憶 
かきめし/氏家待合所 

厚岸湾は北海道の有名な牡蠣の産地.
この牡蠣を使った根室本線厚岸駅の駅弁がかきめしだ.
北海道では森駅のいかめしと並ぶ有名駅弁だ.
昭和38年に発売されたようだ.

どうやらこの駅弁は,牡蠣の煮汁でご飯を炊くようだ.
具は,牡蠣のほか,あさり,つぶ,ひじき,ふきが載っている.
牡蠣のコクがよく出た旨い駅弁だ.
現地ではキオスクで販売していた.

写真は,妻がどこかの駅弁フェアで買ってきたもの.
有名駅弁だけに偽物もあると聞くが,この駅弁は現地からの空輸とされていた.
現地で食べた味は明確には覚えていないが,食べたところ,味は申し分んなく旨かった.
現地生産の本物なのだろう.
(2006/11)

ベイエリア autumn/風の記憶 函館

ベイエリア  autumn/風の記憶 
(Nikon D100・VR24-120mm F/3.5-5.6・ISO200・f11・A-AE)

函館/西波止場. 

西波止場には美術館がある.
秋になると,つたが見事に紅葉する.
ここのつたの紅葉は,特に美しい.

丘 summer/風の記憶 美瑛

美瑛の丘 summer/風の記憶 
(Nikon D100・VR24-120mm F/3.5-5.6・ISO200・f5.6・A-AE)

美瑛の丘は,自然美ではない.
長い年月をかけて人の手が創り出した人工美だ.
決して計画的に造ったわけではないだろうが,それにしてもよく出来ていて美しい.
おそらく,季節を問わず,この丘に合った畠作りの合理性が生み出した美なのだろう.

北海道 乾燥ラーメン/食の記憶

十勝帯広らーめん(帆立醤油味)/十勝ナチュラルフーズ01

北海道 乾燥ラーメン/食の記憶 

今日は,U太郎シェフから贈っていただいた乾麺の中から,十勝帯広らーめんだ.
かけでいってみよう.

スープは,魚介系ベースのあっさり醤油味.
帆立や昆布の旨味が出ていてそれなりに旨い.
ただし,醤油味が立ちすぎているのと,化調に比重があって,本来の魚介味が消えてしまっているところが残念だ.

麺は,北海道産小麦を使ったという細直麺.
標準4分のところを,3分茹でにしてみた.
ツルモチの食感で結構コシがある.
小麦の風味が感じられるなかなか旨い麺だ.

全体として,麺はいいのだが,スープがインスタントラーメンぽい.
塩味で帆立や昆布がガツンとくる旨味とコクのあるスープにして欲しいものだ.

いやはやU太郎さん.
ご馳走様でした.
(2010/9)

馬車/風の記憶 函館

馬車/風の記憶 

函館には観光馬車があった.
水島観光幌馬車だ.

スタートは,函館駅.
西部地区の坂を登って協会地区をめぐり,元町公園に至る.

老馬は,大変だ.
観光客を乗せて,あおの急坂を登るのだから・・・
ものすごい鼻息だ.
苦しそうだ.

元町公園に着いて一息.
御者の老人は,優しい.

老馬の労苦をねぎらって,にんじんをやったのだ.
穏やかな風が吹いていた.
(2003/5)

木の芽田楽/食の記憶

木の芽田楽/食の記憶

じょばんにの家の裏庭のふきが大きくなったころ,表の庭ではライラックの花が咲いた.
北海道を代表する薄紫色の花だ.
ライラックの木の隣には,大きな山椒の木があった.
見ると枝から山椒の新芽がびっしりと出てきていた.

これを見て,少年のころ,母が山椒の新芽で山椒味噌を造り,豆腐田楽を作っていたことを思い出した.
山椒の香りが素晴らしい木の芽田楽だった.
これだけたくさんある山椒の新芽を使わない手はない.
酒の肴には絶好だ.

そのためには,おいしい豆腐が不可欠だ.
近所を調べてみると,青柳坂の途中にいい豆腐屋があった.
佐々木豆腐店だ.
創業明治16年.
函館山の湧水を使った手作り豆腐のお店だ.
週末,さっそく佐々木豆腐店で木綿豆腐を購入.
水を入れたボールを重石にして半日かけて水切りした.

夕方,山椒の芽を大量に採ってきて,すり鉢でゴリゴリ擦る.
みりん,砂糖,甘味噌を投入して滑らかになるまで更にすりつぶす.
鮮やかなグリーンの山椒味噌ができた.
ものすごい山椒の香り.期待が持てる.

フライパンに軽く油を塗って適当な大きさに切った豆腐に竹串を刺して焼く.
片面が焼けたら裏返して山椒味噌を塗って更に焼く.
木の芽田楽の完成だ.

酒の肴にした.
実に旨い.
老舗豆腐店の旨い手作り豆腐と山椒味噌の風味のコラボ.
あっという間にたいらげた.
(2007/6)

きょらぶき/食の記憶

きょらぶき

まだ細くて柔らかいふきの茎を,だし汁,醤油,みりん,砂糖で煮た佃煮のことだ.
僕がまだ少年のころ,母が作っていた料理だ.

じょばんにの家の裏庭には,ふきが大量に生えかけている.
これをみすみす見逃すわけにはいかない.

休日の午前中,さっそく,レジ袋一杯に採ったふきを採る.
台所ばさみで葉っぱを切り落として茎を切りそろる.
ボールにあけて粗塩で塩もみし,水につけてアクを取る.
夕方,だし汁,醤油,みりんで,落としぶたをして煮てみた.

ウィスキーの肴にする.
まずますの出来た.
自分の家の庭で採れたふきだけに,その味は格別だった.
(2002/5)

コロポックル/風の記憶

コロポックル/風の記憶 

じょばんにの家の庭をたんぽぽや三つ葉が埋め尽くするころ.
一方,裏庭にはふきが・・

まだ,根雪の残る3月の終わりころ,雪の下からふきのとうが顔を出す.
こいつは,さっそく天ぷらに・・・.

4月,ふきが小さな葉をつける.
まだ,か細い茎は,きゃらぶきに絶好だ.

5月,ふきはみるみるうちに大きくなる.
6月ともなると,立派なふきとなる.

そういえば,アイヌに伝わるふきにまつわる伝説がある.
コロポックル伝説だ.
コロポックルとは,アイヌ語で蕗(ふき)の下の人.地下に住む者の意味だ.
アイヌ伝説では,その小人をコロポックルと呼び,幸せを運ぶ救いの神様,願いの神様として祭ったという.
(2002/6)

三つ葉のおひたし/食の記憶

 三つ葉のおひたし

函館時代のことだ.
5月のある日の午後,たんぽぽで埋め尽くされた庭を眺めていた.
よく見ると,たんぽぽの花の間に無数の3つの葉を付けた草が生えている.
何だろう.

妻が言った.「三つ葉だよ」.
えっ!
まさか庭に三つ葉が・・・.
三つ葉なら絶好の酒の肴になるではないか.

さっそく一本摘んで香りをかいでみる.
おお,何と三つ葉の香りだ.天然三つ葉だ.

驚いた僕は,以後,毎日のように大量の三つ葉を積んだ.
茎が柔らかくなる程度にさっと茹でる.
ポン酢とゆずの皮を使って,あっさりとしたおひたしにしたのだ.
これを肴に飲むウィスキーの味は,また新鮮だった.
(2002/5)

たんぽぽ/風の記憶

たんぽぽ/風の記憶 

5月ともなると,じょばんにの家の庭をたんぽぽが埋め尽くした.
あざやかな黄色だ.

よく見ると,無数の三つ葉が生えている.
やがてこれが僕の食卓に・・・

五稜郭/風の記憶

五稜郭/風の記憶 

函館の桜の季節は,東京より丁度1ヶ月遅い.

五稜郭公園(函館市五稜郭町)は,桜の名所だ.
ゴールデンウィークがピークだ.
地元の人や観光客で賑わう.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。